TVアニメ僕だけがいない街を見た感想・映画上映の前にコミックでチェックしてみよう

最近お正月あたりはTVで特番が多い為、面白い番組があったら見た事がない番組でも見てみようと、番組表で見てみたい番組を探していました

そしたら、深夜のアニメがちょうど始まるものがあって見てみる事にしました

「僕だけがいない街」って知っていますか?

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。

Amazon参照

sattはお友達がSNSで紹介していたので、題名くらいは知っていました

しかし、調べてみると2012年7月から連載されていて、2014年には『このマンガがすごい!2014』オトコ編第15位、『マンガ大賞2014』第2位と結構注目されている漫画みたいですね

2016年1月からのテレビアニメに加えて2016年3月9日には実写の映画も公開されるようです

主人公は藤原竜也さん、ヒロインは有村架純さんだそうです

有村さんは最近大活躍ですね

ビリギャルの本と映画も気になってるのに、まだ見てないです

今年中には見ようと思います

さて、本題に戻りまして・・・

「僕だけがいない街」のTVアニメの1話を見終えた感想ですが、すっごい続きが気になります!

声優さんの声もしっくりくる感じで見やすいですね

内容はミステリーになっています

主人公がリバイバルと呼んでいる特殊能力があるんですけど、その能力と子供の頃におきた誘拐殺人事件が絡んでいくというお話です

リバイバルは直後に起こる「悪いこと」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップをしてしまうという能力です

ヒロインの女の子とどういう風にその事件に向き合っていくのかが気になります

主人公が漫画家っていうのも、これから何か関係してくるのか?

TVアニメの続きが気になりすぎて、コミックを読んでしまいそうです

能力を使って本当の犯人とかみつけちゃうのかな~

映画が始まるとぐっと知名度が上がりそうな予感です

気になる方は是非チェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

シェアお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存