美容にも効くレバーの威力!貧血を防いで美しく・15分で出来る下処理を伝授します

美容について色々調べるとレバーという食材がいかに優秀か思い知らされる事があります

小学校1年生の時から貧血により、何年に1回かは倒れていました

食も細くガリガリだったので、栄養がいきわたってなかったんだと思います

外食をするようになり、食べる事にも興味が沸き今は全然ガリガリじゃありませんよ

そんな貧血の時は決まってレバーを食べさせられていました

食べ方は塩コショウしてフライバンで焼いて食べるというもの

ただ焼いただけなので、料理とはいいがたいですね

もっとおいしく調理してあったら、好きになっていたのかもしれませんが、レバーそのものの味があまり好きではないので、おいしいと思った事はありませんでした

ですが、一人暮らしを初めて自分で色々調理するようになって、だいぶレバーが好きになりました!

やっぱり、臭みを取るのが一番おいしく食べるコツですね

ここで、下処理の仕方をご紹介します


  • レバー300グラム
  • 酢大さじ1
  • 塩小さじ1

酢と塩をかけてもみ込んで、15分放置

途中で上下を返しながら混ぜる

15分するとネバネバするので、水で洗う

水の濁りが無くなるまで洗って下処理終わりです


結構簡単ですよね?

15分なら他の作業をしていたらすぐに時間が経ちます

レバーに含まれている栄養素には鉄分、ビタミンA、ビタミンB2、葉酸があります

  • 鉄分→貧血に効く
  • ビタミンA→免疫力を高める、抗酸化作用
  • ビタミンB2→動脈硬化の予防
  • 葉酸→妊娠中の女性に欠かせない

本当に栄養豊富ですが、レバーは食べすぎもよくないみたいです

ビタミンAが取り過ぎになるようです

レバーに限らずどんな食品も偏った食事は逆に健康を損ねてしまうので注意しましょう!

最後にクックパッドからsattおすすめのレシピをご紹介します

※一度に作る量としては多すぎるので、半分の量で作るのがおすすめです

鶏レバーのパテ(レバーペースト)

miwa3030happyさんのレシピを参考にさせていただいてます

スポンサーリンク

材料

鶏レバー 250g
玉ねぎ  1/4個
にんじん  1/3本
セロリ  1/2本
にんにく  1/2片
オリーブオイル 適量
ローリエの葉 2枚
塩 大さじ1/2
バター 1片
生クリーム 1/2cup
赤ワイン 1/2cup
コンソメ(顆粒) 小さじ1と1/2
お好みの乾燥ハーブ 適宜
 
 

作り方

鶏レバー250gは下処理する

玉ねぎ1/4個→薄切り

にんじん1/3本→薄切り

セロリ1/2本→薄切り

にんにく1/2片→みじん切り

玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにく→オリーブオイルで弱火で炒め、火が通ったらレバーを入れてさらに炒める

全体に火が通ったら、赤ワイン1/2cup、コンソメ小さじ1と1/2、乾燥ハーブ適宜を入れて中火にかける

フツフツしてきたら、蓋を半分ずらしてかぶせ、ローリエ2枚を加えて弱火で汁気がなくなるまで煮詰める

煮詰まったら火を止めて塩大さじ1/2を入れる

粗熱がとれたらフードプロセッサーでかくはん

なめらかになったら、バター1片と生クリーム1/2cupをいれて、さらにかくはん

器に入れて、4~5時間冷蔵庫で冷やし固めてできあがり

作ってみて一言

パテなんで、やっぱりワインのおつまみに合います!

レバーは新鮮な方がよりおいしいですね

分量より生クリームを少し多くするとよりまろやかになって食べやすいと思います

バゲットとクラッカーに乗せて食べてみましたが、しょっぱいクラッカーに乗せて食べるのが一番おいしく感じました!

是非試してみて下さい

スポンサーリンク

シェアお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存