札幌定山渓の翠蝶館に行ってきた口コミ情報・女性限定の身体の中からキレイになれる宿

先日、札幌市の定山渓にある「翠蝶館(すいちょうかん)」というホテルに行ってきました

このホテルは、2016年にリニューアルした事によって子供や男性が泊まれない「女性限定の宿」になりました

温泉、薬膳料理、エステなどでキレイになれる宿というコンセプトが気になり、行ってみる事にしました

行ってみた感想は、大大大満足でした!

想像よりもとても良くて、大人の女性に是非おすすめしたいと思う宿だったので紹介します

スポンサーリンク

アクセス

車を持っていない人は、大通駅から無料送迎バスを予約して乗って行く事ができます

大通公園沿いの西5丁目の、地下から上がってすぐがバス停なのでとても便利でした

1時間程で定山渓に到着しました

翠蝶館に到着

先に翠山亭に泊まる人がバスから降ろされ、女性客だけの乗ったバスで翠蝶館に到着です

混んでいたので、順番に案内するという事で数分バスの中で待たされました

入口からしてキレイなので、中に入るのが楽しみになりました

まずはラウンジに通されます

椅子に座って説明を受けながら、お茶とお茶菓子をいただきました

説明とは、この翠蝶館に泊まっている間、「リラックス」「エナジー」「デトックス」の3つのテーマの中からコースを選ぶというものでした

泊まっている間に飲めるお茶を、ひとり1つマイボトルを渡されます

↑これがそのボトル

このボトルは下の方に茶葉を入れられるようになっていて、お茶が好きな濃さになったら下の部分を回転させて閉じる事ができます

持つところが熱くなり過ぎないのに、透明だからどのくらいお茶が濃くなったのかわかるので便利でした

マイボトルとして家で使いたくなって調べてみたら、ネットで売ってました

何色かあるみたいです

部屋やラウンジなどに電気ポットがあり、自分でお湯を入れていつでもお茶を飲めます

このボトルに入れるお茶の種類や夕食のスープやエステのアロマオイルなどが、選んだコースによって変化するようです

今回は「デトックス」のコースを選びました

デトックスのコースは、身体の中の老廃物を出して、冷え性などを改善するというコースでした

館内

館内は何から何まで癒されるポイントが満載でした

玄関

ロビー

2階すぐのソファスペース

客室へと続く廊下

ゴロゴロスペース

このゴロゴロスペースはかなり人気でした

照明が程よく落ち着きます

館内着は作務衣です

ベージュの作務衣に、緑の羽織り物を着ます

そこらへんに置いてある本を読んでみました

sattは大柄の柄物の服や、ヒョウ柄など大胆な洋服が似合うそうです

そ、そうかなぁ(笑)

お風呂

今回は60分のエステがつくコースで行きました

どのコースでも同じなのかはわかりませんが、翠山亭の二つのお風呂にも入る事ができて、一人1杯の飲み物もサービスでした

翠山亭には送迎バスがあります

お風呂あがりのビール最高です!

翠蝶館は女性限定ですが、翠山亭は男性客もいるのでここでは男性とすれ違いました

お風呂はどこも写真に映すことはできませんでしたが、広すぎず狭すぎず普通の大きさです

どこがおすすめとかはありません

ほとんどどこも同じに感じました

でも、泊まっている人があまり多くないので混み合うという事はありませんでした

特に夜間は部屋でみなさんのんびりとされるみたいで、空いていました

翠山亭2か所、翠蝶館2か所の合計4か所もお風呂があるので入るのが忙しかったです

翠蝶館には無料のマッサージ機が2台置いてありました

部屋

ピンクのお部屋で女子っぽいなと思いました

このお部屋は、新装ツインのお部屋です

加湿器、空気清浄機、アロマディフューザー、電気ポットなどがありました

フロントで借りられる美顔器や、クッション、ワイングラスなどが表になっていてわかりやすかったです

夕食

夕食は1階の食事処でいただきます

入口のライオン?

館内のところどころに芸術的なものが置かれてて気になります

一番のお気に入りは、地下一階の階段を降りてすぐの壁にかかっているやつ

写真を取り忘れたので行った人は見てみて下さい

夕食は薬膳料理でした

どんな薬膳が入っているのか、言われないとさっぱりわからない

綺麗になれる宿なので、そこそこの量で出てきます

超硬水

長芋の頭菜

前菜

スープ

これがテーマ別のスープです

椎茸の入った中華風スープでした

これ美味しかったです

頭まで食べられるソフトシュリンプのチリソース

これも辛すぎず美味しかったです

口直しの赤しそのシャーベット

酢豚っぽい肉料理と雑穀米

この肉料理の味つけは甘すぎて、あまり好きではありませんでした

クルミのお汁粉、ココナッツの蒸し団子、羅漢果のアイスクリーム

この他にコーヒーか中国茶がいただけます

エステ

エステにはカメラを持って行かなかったので、一切写真はなかったのですが全てが最高でした

エステは宿を予約してすぐに、フェイシャルかボディか選び、時間を予約できます

sattはボディを選びましたが、オイルを使ったリンパマッサージでした

時間は21時30分にしました

夕食のすぐ後は気持ち悪くなりそうだし、どうせなら高い効果が出るようにお風呂に入ってすぐやりたかったのでその時間にしましたが正解でした

まずは、問診票に記入してどこを重点的にケアしてもらうか選べます

肩こりがひどいので肩と、むくみやすいふくらはぎ、冷えが気になるつま先をお願いしました

中国茶と酵素ドリンクを飲まされ、緑の羽織ものを脱いで岩盤浴です

アロマオイルで癒されながらの10分間

他のホテルでオジサンと横並びで岩盤浴をした事を思い出して、男性がいない空間というだけですでにリラックスできている事に気付きました

そこから場所を移動して、完全個室のおしゃれな部屋に通され、全裸に紙パンツとフワフワのガウンに着替えてエステが始まります

この個室がかわいくて、なんでカメラを持ってこなかったんだ自分!とかなり後悔しました

みなさんごめんなさい

お姉さんの腕も抜群です

背中の老廃物が綺麗に流されて、入らなかった結婚式用のドレスが入るようになりました(友人の結婚式に出席する為のドレスです)

今この記事を書いているのは、エステから1週間後ですが足の裏の冷えが改善されて、足の裏に汗をかくようになったのが一番変化した事です

こんなに変わるものかとびっくり!!

使っているオイルも全然ベタベタせず、しっとりと肌になじみました

今まで何ヶ所もリンパマッサージのお店に行きましたが、ナンバーワンかもしれません

また行きたいと心から思います

エステをしようかどうか迷っている人は是非してみてください

朝食

朝食は、トルティーヤかお粥を選べました

お粥にしました

炭酸水と人参ジュース、ジャージー牛乳、確かベリーのジュース

サラダ

お粥と豆腐

かぼちゃのスープと杏仁豆腐

夕食もそうですが、全体的に薄味の食事でした

日頃からいかに塩分や糖分の強い味付けを好んで食べているかがわかりました

美味しさだけを求める人には向かない宿かもしれません

身体の中から美しくなりたいという願望が強い人にこそ行ってほしい宿です

最後に

この宿に泊まって一番強く感じたのは、知らぬ間に癒されているという感覚です

食事処でなんかぼんやりとして眠くなってきたなぁ~と思ったら、ヒーリングミュージックがかかっていました

おぉ~癒されてる~

普通の宿に行くと、大浴場の周りにはオジサンが座って待っていたりするのですが、翠蝶館は女性限定なので角を曲がったらすぐにオジサンが座っているという事もありません

日頃からオジサンの存在で知らぬ間に受けていたストレスを改めて感じました(オジサンがこの記事読んでたらどうしよう(笑)ごめんなさい)

子供の存在も同じくですね

「子供がうるさいのはしょうがない」と諦めなければいけない日常とは違います

そんなあらゆるストレスから解放される宿「翠蝶館」を作った人はとても素敵だと思いました

この宿は中国茶がたくさん飲めます

宿に到着した時に1杯、マイポットで5本分(これは自分のさじ加減)、夕食で1杯、エステの前後で2杯とかなりの量の中国茶を飲みました

ラウンジにも無料で飲める飲み物があり、飲み物には困らない宿です

オールインクルーシブのプランもありますが、これほど中国茶を飲む機会があるとあまりお酒なんて飲めないんじゃないかと思いました

ちなみに泊まった日は、ワインを二人で1本開けましたが、全く二日酔いにもならずすっきりと起きられました

体も軽くて、この宿の凄さを身をもって体験しました

階段ばかりの宿なので、足の不自由な人には向かない宿かもしれません

スポンサーリンク

シェアお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存