ディズニーの映画ズートピアのレビュー・感想

ズートピアという映画をレンタルして見てみました

前に他の映画を見に行った時に予告を見て面白そうだな~と思っていたので、やっと見られたという感じです

スポンサーリンク

ズートピアのあらすじ

動物たちの“楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が…。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが! ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。

感想

小さい頃から警察官になる事を夢見てたジュディは、お遊戯会でみんながみている前で自分の夢を話すんですけど、これができる人はなかなかいないと思いました

ウサギ初めての警察官になった時に、周りの大きい警察官に比べて小さすぎてかわいいです

拳と拳を合わせるところとか、かわいすぎて笑えます

ジュディはめちゃくちゃ諦めが悪いです

もちろん良い意味でです!

夢を叶えたり、何かを成し遂げる人の秘訣の一つなのかもしれませんね

「ズートピアにいけば何にでもなれる」という都会への憧れはどの世界にもありそうですよね

理想と現実のギャップに落ち込んでしまう主人公

このへんはあるあるですね

この映画の中に出て来るキャラクターの中で一番おもしろかったのは、ナマケモノの職員です

めちゃくちゃ動作が遅いです

そして、ストーリーの中で起こる出来事は縁が色々繋がっていて、ここがこう繋がるのね!と後でわかるというところがいくつかあります

中盤、アニメなのに少しダークな雰囲気になり、その後の展開が気になります

展開が2転3転してストーリーがつかめないところも人気の理由かもしれません

ジュディの声が上戸彩さんだったり、サバンナの高橋さんも吹き替えをしています

実力主義の社会でお手柄をあげたら、突然手のひらを返したように上司に認められるというのも、アメリカっぽいなと思いながら見ていました

最後まで見たらすっきりする映画です

夢に向かって頑張ってる人にぴったりな映画です

子供よりも大人が見た方が響くかもしれませんね

まだ見てない人は面白かったのでおすすめです

スポンサーリンク

シェアお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存