函館熱帯植物園に行ってきました・温泉に入るニホンザルが人気の癒しの空間

今回函館市の熱帯植物園に行くのは2回目でした

前に行った時はもっと温かい時期だったので、咲いている花の種類がもっと多かったです

ですが、寒い時に温かいところに行くというのは、それだけで幸せですね

平日だったので、空いていました

到着したのは14時30分くらいだったのですが、園内で会った人は10人もいませんでした

ここにも、アジア系の観光客の方達が来るみたいです

入り口のところですれ違いました

入り口すぐに、ニホンザルの温泉に入っているところがあります

image

なんとも、のんびりした雰囲気を醸し出していますね

外国人観光客の人達にとっては珍しい光景らしく、外にあるので寒いのですが、長い時間ニホンザルに釘付けの様子でした

image

温室に入るとすぐに南の島に来たような気持ちになれました

あ~沖縄に行きたい!

image

色が違うけど、同じ種類なんでしょうか

なんかくっついてました

image

これが、ピラニヤらしいです

説明では「自分より大きく動くものに対しては、すぐ逃げ出す傾向がある」と書いてありました

小さい頃、ピラニヤは肉食だから人間さえも食べられてしまうと何かで聞いた気がしていましたが、大丈夫なようですね

image

亀を見て、「小さい頃にカメを飼っていた」という話で意気投合した二人が、その後結婚したのを思い出しました

何がきっかけでご縁があるかはわからないものですね

image

小学生の頃学校で飼っていた鳥に夢中になってエサをあげたり、指の先を噛ませていた自分の気持ちが今はわかりません

あの頃から動物が好きだったみたいです

image

南アフリカ原産のダルマクンシランという花だそうです

ぽつんと綺麗に咲いていました

image

ブーゲンビレアの撮影ポイントから写したものです

時期じゃないようです

image

満開の時期に来たいものです

image

びわがなっていました

image

image

image

サボテン三連発です

サボテンが好きなsattにはたまらない場所ですね

家でサボテンを育ててもしぼむばかりで、花なんて咲いた事ありませんがね

北海道には寒すぎるのかもしれないですね

image

ゴクラクチョウカという花です

綺麗に咲いていました

植物園は湯の川温泉のすぐ側にあるので、お昼ご飯の後にチェックインまで少し時間があるなーなんて時によさそうです

夏になると子供が外で遊べる場所もあるので、更に楽しめる場所になりそうです

函館市熱帯植物園

4月~10月 9:30~18:00

11月~3月 9:30~16:30

12月29日~1月1日休み

一般300円

小中学生100円

TEL 0138-57-7833

スポンサーリンク

シェアお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存