美肌になりたい願望①~ホルモンバランスのばかやろう編~

小さい時から肌が汚い人なんていないと思うのですが、どこからか差がついてしまって美しい人とそうでない人に分かれてしまいます

その差はいつからついてしまうのかわからないけれど、sattはそうでない人の方です(苦笑)  

スポンサーリンク

こんな肌もう嫌だ

自分の肌にコンプレックスがあるせいか、肌が綺麗な女の子を町で見かけるとついついみとれてしまいます

ない物ねだりなのか、好きになる男の子も同じようにツルンツルンの卵肌タイプが多かったように思います    

汚肌の悪夢は中学1年生から始まりました 姉がいたので、小学生の頃から洗顔の後は化粧水をつけたり保湿のケアをしなくてはいけないという事は知っていました

が、中学1年生になった頃から尋常じゃないくらい大量のニキビが出来るようになったので、保湿とか美肌とかもうどうでもよくなりました    

周りの人と比べても圧倒的にニキビの量が多く、一体どれだけホルモンバランス崩す気なんだというぐらいでした

ニキビとニキビの間にニキビが出来て年中治らなく、顔全体がいつも赤い状態でした なので、写真に写るのが嫌でほとんどその頃に撮った写真は残っていません    

諦めてしまった青春時代

同じクラスの女の子にニキビが治らなくて嫌だという話をした時に、ニキビにはオロナインが効くからつけてみてーと言われました

今思えば一度試してみればよかったと思いますが、その頃はコンプレックスの塊でどうせ肌が綺麗な人にはニキビが出来る人の気持ちなんてわからないとひねくれた考えを持っていたため、試す事すらしませんでした    

その頃のケアといえば、市販のニキビ肌用洗顔料で洗いビフナイトをつけて寝るという感じでした

ビフナイトは顔中に付けるので真っ白な世にも気持ち悪い顔で眠っていました

それでも、薬が効いたと感じた事は一度もありませんでした

今この時代に思春期をむかえているなら、是非プロアクティブを試してみたいところです

世代がもうちょい上なんで(照)

わたくしオロナイン世代です  

今にして思えば顔ダニという可能性もあったのかもしれません

姉の書いた記事を見て思いました

姉の記事→かゆみの症状が出たら要注意 ニキビの原因「顔ダニ」とは

たしかに顔がかゆかった記憶があります

治らないニキビに困っている人は姉の記事を是非読んでみて下さい

関連記事

美肌になりたい願望②~皮膚科、ケミカルピーリング、ニキビ戦争編~

美肌になりたい願望③~自分至上最高の肌に編~

美肌になりたい願望④~開いて閉めてイチゴ鼻防止編・おすすめ手作り化粧水~

美肌になりたい願望⑤~HABAはいいね編~

スポンサーリンク

シェアお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です